本文へ移動

新着情報とお知らせ

『QC手法基礎研修』を開催致しました。
2021-02-17

215日(月)、16日(火)2日間の日程で、日鉄総研株式会社 黒川伸洋様を講師として、計17名の岸和田製鋼グループ社員を対象に『QC手法基礎研修』を開催致しました。


QC手法基礎研修』は、JK(自主改善)活動を各職場で展開する際に求められるチーム員としての心構えについて理解を深めるところから始まります。それは、自分の意見を相手に伝え、他者とのコミュニケーションを活性化させることこそが、あらゆる社会的活動の基本となるというものです。


受講者の方の中には、はじめ初対面の同僚との意思疎通に緊張している様子の方もおられましたが、黒川講師の「まずは自分の意見を何でもいいから言ってみよう」という温かいアドバイスを受け、またグループワーク『ある海難事故』で私たちは同じ船の大切な仲間であると、互いに仲間意識を共有するにつれて、自由闊達な明るい雰囲気になっていきました。


手法という点については、まず「製造の品質」には「機能的品質」と「官能的品質」があることを黒川講師に教えて頂きました。「機能的品質」は数字で表現できる品質で、一方「官能的品質」は数字では表現できない品質です。

 


今回の研修では、「機能的品質」を検討する際に用いられる「QC7つ道具」のうちの「グラフ」「チェックシート」「パレート図」「散布図」について個人ワークを行い、実際に各自手を動かして作業の詳細にふれることができました。

また「官能的品質」を検討する際に用いられる「新QC7つ道具」のうちの「連関図」「系統図」についてグループワークを行い、それぞれアイデアを出し合い、他のチーム員と意見を交換しつつ学びを深めることができました。

 

2021年もコロナ禍という厳しい環境にありますが、岸和田製鋼グループでは感染対策をしっかり行った上で、引き続きJK活動を積極的に推進して参ります。

 

報告:総務部能力開発課

岸和田製鋼株式会社
〒596-0013
大阪府岸和田市臨海町20番地
TEL.072-438-0015(代表)
  072-438-0001(営業)
FAX.072-437-4750
■業務内容■
鉄筋コンクリート用棒鋼の製造及び販売


 
TOPへ戻る